*

「寒さと飢えが子供を丈夫にする」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)3

公開日: : 健康, 子育て, 教育, 本・書籍, 江戸時代

<和俗童子訓の現代語版 3>

厚着や、飽食は、病気の元です。

薄着で、小食であれば、病気になることは少ないです。

お金持ちの家の子は病気がちで体が弱く、貧しい家の子は病気が少なくて丈夫なのはそれが理由です。

子供が生まれた時には、両親の古着を縫い直して着せるのがいいでしょう。

新品で温かいものは、熱がたまるので病気になりやすいです。

昔の言葉に「子供を丈夫にするには、三分の飢えと寒さを常にするべし」というものがあります。三分というのは、十のうち三分ということです。

これは、少しはお腹をすかせて、少しは体を冷やしたほうがいい、ということです。昔の人が伝える、子供を健康にする素晴らしい方法です。

世間の多くの親は、このことを知らず、子供に食べ物を沢山与え、子供が食べることに飽きたら甘い物や果物を多く食べさせています。

そうなると、気が塞がって脾胃を損ない、病になります。

 

これが子供が不慮の理由で死んでしまう、多くの原因です。

また、厚着させて、暖かくしすぎると熱を生じて元気が漏れます。

その結果、筋肉や骨が緩くなって身体が弱くなります。

これらは皆、病気になる原因です。

中国でも、日本でも、昔から子供の服の脇が空いているのは、子供は活発に動いて熱を発することが多いので、その熱を外に逃がすためです。

このことからも、子供は暖めてはいけないことがわかりますね。

天気が良い日は、外に出て風や日光にあたったほうがいいでしょう。

そうすれば、肌は丈夫で、血行も強くなって、風や寒さを感じないようになります。

風や日光にあたらないと、肌が弱くなって、風や寒さを感じやすく、病気になりがちです。。

子供を育てる方法を、育てる人はしっかりと、心得ましょう。

P3130024

これくらいがいい?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<感想・考察>

ハッとしたんですが、ご飯のとき、残してはいけないことを大切にするがあまり、食べたくなさそうにしても、食べさせようとしています。

子供の体のことを考えると、あとでお腹がすいて機嫌が悪くなったとしても、やめたほうがいいのかもしれませんね。

そうすれば、過去にお腹が空いたことを思い出す。

次の食事のときに、「今食べないと後でしばらく食べられない」という記憶がよみがえる。

その結果、しっかり食べられるようになるかもしれませんし。

厚着をさせてはいけないというのは、なんとなく知っているつもりでしたが、昔の子供の服は熱を逃がすために脇が空いているというのは初めてしりました。

それくらい、熱を体から逃がすようにしていたんですね。

私の息子は寝相が悪く、すぐに布団を蹴飛ばしたりするので、その度に布団をかけ直していますが、それも考えたほうがよいのかもしれない?

日中は薄着で過ごさせ、外に出るようにしようと思います。

関連記事

子供の前では絶対に「夫婦喧嘩」はするな!!

昨今の青少年の非行化は今なお大きな社会問題の一つです。 その根本原因をつきつめると、一言でいえ

記事を読む

子供の好きなこと、親がしっかり選んでる?

幼い時から大人になるまで、父となって育てる者は子供が好きになることに気をつけて選び、子供の好みに任せ

記事を読む

九つほめて一つ叱れ

わたくしは、「立腰こそはわが子の性根を養う極秘伝」として8章でも力説しましたが、人間というものはなん

記事を読む

「詰め込み教育をするべきである」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)6

子供が小さいときから、父、母、兄等の年長者に仕えさせ、お客様に対しては礼をもって応対し、読書、習字、

記事を読む

父親はわが子を一生のうちに三度だけ叱れ

父親の本務とはいったいなんでしょうか。 第一に、家族を養い育てる経済力です。 これは前にも書

記事を読む

真の愛情は、母親の「人間革命」によって

真の愛情とは 今まで、子どもの「人間教育」について、親としてぜひとも心がけていただきたいと思う

記事を読む

根を養えば樹はおのずから育つ

森信三先生講述から選んだ1〜30に及び、語録をお読みになられ、いかがお感じになられたでしょうか。

記事を読む

子どもは見てる 知ってる 感じてる

こころの察し ひとかどの教育者のような口調で述べてまいりましたが、実際のところ、学校教育の現場に立

記事を読む

お母さんの祈り

『イソップ物語』にある寓話だと思いますが、北風と太陽とがあって、あの子のマントをどちらが早く脱がすこ

記事を読む

女子の教育は「家事」を手伝わせるのが秘訣

前に、「わが子に、人間としての性根を養うには、結局腰骨を立てさせるほかない」と力説しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

十一 子供の教育

夫婦間の危機 前章では、一応「夫婦のあり方」について申しましたが、大

十 夫婦のあり方

夫婦のきまり 私も今までずいぶんと結婚式の披露宴のお招きを受け、祝辞

九 家づくりの年代

持ち家への夢を 先に申したとおり、われわれは人生を大観した上で、大体

八 財の保全と蓄積

すべて最大活用 前章においては「健康管理」の問題をとりあげ、われわれ

七 健康管理と立腰

健康とは 今日のような時代わたしたちは天災・人災のいかんをとわず、い

→もっと見る

PAGE TOP ↑