*

「子供は厳しく育てるのがよい」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)4

公開日: : 子育て, 教育, 本・書籍, 江戸時代

<和俗童子訓の現代語版 4>

子供を育てるには、「義方(ギカタ)」の教えをして、姑息な愛情を示さないようにしましょう。

義方の教えとは、正しい道理や義理を基準にして、子供の悪さを注意することです。

そうすれば必ず後々、幸せになります。

姑息な愛情とは、例えば母親が子供を育てるときに、愛しすぎて子供の心に従うだけで、子供に合わせることを言います。

そうすると必ず後々、災いが起こります。

小さいときから、自分勝手になる気持ちを抑え、わがままの気持ちを許してはいけません。

愛しすぎることで、驕りの気持ちが生まれ、その子にとって災いになります。

子供を育てるのに、両親が厳しければ子供は畏れ慎んで、両親の教えを素直に聞き入れます。

このようにして、孝の道(親や年上の人を大事にする気持ち)ができます。

両親が優しくて、愛しすぎると、子供は両親を畏れずに、注意を聞き入れず、両親をあなどって孝の道はできません。

女性や、愚かな人は子供を育てる方法を知らず、いつも子供を甘やかして、自分勝手な気持ちを注意しないので、おごる気持ちは年を経るごとにますます強くなります。

愚かな人は、心が暗いので子供の言動に迷い、愛に溺れて子供の悪いことがわかりません。

昔の歌に「人の親の、心はけっして闇ではないが、子供を思う道は迷ってしまうものだな」とあります。

中国のことわざに「人は、自分の子供の悪いところはわからない」と言われるのと同じです。

姑息な愛が過ぎると、たとえ悪いところをみつけても、許して注意しないことになります。

自分の子にまさる宝は無いと思うけれど、その子の本性が悪くなって、健康を損なうことを理解せず、そのまま子供が悪に染まっていくのを見過ごすことになります。

親が教えないから、悪に染まったにもかかわらず、親はその子には運がなかったと捉えるようになります。

またそのような母は、子供の悪事を父に知らせること無く、いつも子供の過ちを隠してしまうこともあります。

そうなると、父は子供の悪事がわからず、注意もしないことになるので、子供はさらに悪さをすることが得意になり、一生、不肖の子となって、家と自分の身を保つことができません。

実に、見苦しいことです。

中国の高名な学者である程子の母が「子供が不肖になるのは、母が子供の過ちを隠して、父親に知らせないことが原因です」と言うのももっともなことです。

 

131219StopBullying-thumb-640x360-69283

厳しく!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上のことを読んで、恋は盲目、という言葉を思い出しました。

恋だけでなく、子供への愛も同じことが言えるんだなと。

あまりに子供が可愛いから、なんでも許してしまう。

おじいちゃん、おばあちゃんが、あまりに孫をかわいがるケースをよく見ます。

これは状況と関係性も関わってくるので難しいですが、甘やかしてしまうおじいちゃん、おばあちゃんがいます。

たとえば私の母は、私の姪っ子(母にとっての孫)の好き嫌いに合わせて食事を用意したりします。

これは親の役割かもしれませんが、食べくないなら食べなくて結構、ただ、お腹空くのはあなたよ、という態度で臨んで、好き嫌い云々を受け付けないような姿勢も大事だと思うんです。

でないと、何か災害が起きた時に、食べれないものがあるとなると、生死に関わる問題になります。

健康にもよくないですしね。

親として、ダメなことはダメと言う、それで子供がないても相手にしない、というような強い態度を貫き通したいです。

関連記事

叡智と実践力

戒・定・慧 前章でお伝えしたように、われわれ人間は宇宙生命の根源力によって、この地上にその「生」を

記事を読む

子供を褒めてはいけない?

人の徳の中でも悪いのは、高慢なことです。 高慢だと自分はいつも正しいと思い込み、悪いところに気

記事を読む

「子供を育てるときの心がけは人としての真心」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)7

小さいときから、 心持ちは柔らかに 人を慈しんで 情の気持ち持って 人を

記事を読む

しつけの三ヶ条

礼儀作法 森先生から教わった数々の内で、一番に挙げるとなれば「腰骨を立てる」ということです。

記事を読む

子供や若者は車内では必ず立つように躾よ

一大実践目標 今から三年ほど以前に、私どもの同志の中で、とりわけ異彩を放つ山本紹之介君は、毎月

記事を読む

「寒さと飢えが子供を丈夫にする」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)3

<和俗童子訓の現代語版 3> 厚着や、飽食は、病気の元です。 薄着で、小食であれば、病気

記事を読む

父親人間学

家庭の危機 戦後20年たったころから「親子の断絶」というコトバが叫ばれ、人間疎外とか父親不在とかい

記事を読む

日常生活のヒント

根本にあるもの 足しげく、森信三先生のお宅へ通っていたある日のこと、悩みを持つ一人のお母さんが森先

記事を読む

「教育は早いうちから」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓に学ぶ 1

「和俗童子訓」は江戸時代の学者、貝原益軒が1710年に著述した書物で、日本で最初にまとまった教育論書

記事を読む

金のシマリは人間のシマリ

昔から「一銭を笑う者は一銭に泣く」と言われています。 お金を軽く扱う人は、将来必ずそのしっぺ返

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

十一 子供の教育

夫婦間の危機 前章では、一応「夫婦のあり方」について申しましたが、大

十 夫婦のあり方

夫婦のきまり 私も今までずいぶんと結婚式の披露宴のお招きを受け、祝辞

九 家づくりの年代

持ち家への夢を 先に申したとおり、われわれは人生を大観した上で、大体

八 財の保全と蓄積

すべて最大活用 前章においては「健康管理」の問題をとりあげ、われわれ

七 健康管理と立腰

健康とは 今日のような時代わたしたちは天災・人災のいかんをとわず、い

→もっと見る

PAGE TOP ↑