*

「子供を正直に育てたいなら、親こそ正直に」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒) 5

公開日: : 子育て, 教育, 本・書籍, 江戸時代, 道徳

<和俗童子訓の現代語版 5>

幼い時から、心や言葉は正直に、嘘はないようにしましょう。

もし人を騙して、嘘を言うことがあれば、厳しく注意しなければなりません。

あなたが、子供をだまして嘘を教えてはいけません。

あなたから嘘をつけば、子供はそれを真似します。

嘘を言うのは人間ではない、と思うくらいがよいです。

心では嘘と知っておきながら、心を騙す、この罪は本当に重いものです。

また、約束事は必ず守らなければなりません。

約束を破れば、嘘になります。

そうなると信用を失い、人でなくなってしまいます。

もし後々、信頼を守ることができないようなことがあれば、初めから約束してはいけません。

また、子供には利欲を教えてはいけません。

どんなことに頭が回っても、嘘をついて、欲が深く、人の物を貪るのは器の小さい人が行うことです。

小さいときから早くこれを注意しなければいけません。許してはいけません。

自分に正直に生きる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<感想・考察>

子供にご飯を食べさせようと、「全部食べたらお菓子食べよう」と言って、お菓子を食べさせないで終えてしまうこと、ありませんか?

なかなか出かける支度をしない子供に対して「じゃあバスを乗りに行こう」と言って、子供をその気にさせたのに、バスは乗らなかったこと、ありませんか?

2つとも私は近しい経験をしており、これは気をつけようと思いました。

親としては子供に正直に育ってほしいので、親がその手本を見せないといけないですね。

最近、息子はパズルが好きで「パズルやる」と言ってご飯を食べないことがしばしば。

このときに「ご飯を食べ終わったらパズルやろう」と言って食べさせます。

食べ終わった後、そのままお風呂に入れることがありましたが、これからは約束は守り、少しでもいいからパズルをやらせてあげようと思いました。

しかし、親は本当に人間力が試されます!

関連記事

一事を通してその最大活用法を会得させよ

流行のいかんにかかわらず「物を大切にしてエネルギーを生かす」ということは、万古不易の宇宙的真理です。

記事を読む

「子供を愛しすぎてはいけない」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)2

<和俗童子訓の現代語訳 2> 子供がうまく育たないのは、両親、育てる人が教育について、正確なこ

記事を読む

「詰め込み教育をするべきである」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)6

子供が小さいときから、父、母、兄等の年長者に仕えさせ、お客様に対しては礼をもって応対し、読書、習字、

記事を読む

九 家づくりの年代

持ち家への夢を 先に申したとおり、われわれは人生を大観した上で、大体の目標を決め、その達成に取り組

記事を読む

我が子をどういう人間に育てたいのか

私も全国を旅して、父兄の方々と話をしたものの一人ですが、その際、よくお母さん方にお尋ねしたものです。

記事を読む

「子供を育てるときの心がけは人としての真心」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)7

小さいときから、 心持ちは柔らかに 人を慈しんで 情の気持ち持って 人を

記事を読む

子供には謙譲の気持ちを教えよう

子供には、考えに嘘や邪なところがなく、言葉は真実で偽りなく、非礼があってもそのことについて何も言わず

記事を読む

子供には小さいときから礼儀を教えよう

礼儀は世の中に常にあり、人として生きる作法です。 礼儀がないのは人間の作法ではありません。動物

記事を読む

夫婦は1日に1度は二人だけで話す機会を

家庭教育について、その根本をたぐっていくと、結局、夫婦のあり方に帰着するように思われます。 そして

記事を読む

九つほめて一つ叱れ

わたくしは、「立腰こそはわが子の性根を養う極秘伝」として8章でも力説しましたが、人間というものはなん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

十一 子供の教育

夫婦間の危機 前章では、一応「夫婦のあり方」について申しましたが、大

十 夫婦のあり方

夫婦のきまり 私も今までずいぶんと結婚式の披露宴のお招きを受け、祝辞

九 家づくりの年代

持ち家への夢を 先に申したとおり、われわれは人生を大観した上で、大体

八 財の保全と蓄積

すべて最大活用 前章においては「健康管理」の問題をとりあげ、われわれ

七 健康管理と立腰

健康とは 今日のような時代わたしたちは天災・人災のいかんをとわず、い

→もっと見る

PAGE TOP ↑