*

子供を褒めてはいけない?

公開日: : 子育て, 教育, 本・書籍, 道徳

人の徳の中でも悪いのは、高慢なことです。

高慢だと自分はいつも正しいと思い込み、悪いところに気づきません。

間違いを聞いても受け入れません。

そのため、悪を改めて、良い徳に進ませることは困難です。

たとえ、すぐれた才能があっても、高慢で自分の才能に自惚れて、人を侮れば、これは凶悪な人間というしかありません。

 

だから子供の良い行い、才能にあふれたことを褒めてはいけません。

褒めれば高慢になり、気持ちをコントロールできず、自分が至らないところ、不徳なところに気付かなくなります。

自分は頭がいいと思うと、他から学ぼうと思わず、学問を好まず、人の教えも求めなくなります。

もし父が愛におぼれて、子供の悪いところに気付かず、素行が悪くてもべた褒めし、大した才能がなくても優秀だ、と思うのは愚かなことです。

 

良いことを褒めれば、結果的にその良いことを失い、上手なことを褒めれば、結果的にその上手なことを失います。

子供は絶対に褒めてはいけません。

その子にとって害になるだけでなく、人にも愚かなことだと思われて、悔しいことではないですか。

 

親が褒めた子供は、たいてい良くならず、学問も技能も拙いものになります。

篤信は昔、こう言いました。

「人には3つの愚がある。自分を褒め、子供を褒め、妻を褒める。これらは全て愛に溺れるがゆえである」

(和俗童子訓より)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【感想・考察】

子供を高慢にさせてはいけないですが、褒めないほうがいいというのはどうなんでしょうか。

常に厳しく育てよ、ということだと思いますが、萎縮してしまうと思います。

時代が違う、という使い古された言い訳かもしれませんが、昔はそれでもよかったのかもしれません。

いや、おそらく、これは江戸時代の上流階級の子供向けに書かれたことなので、極端な教えになっているのかもしれませんね。

上流階級の子息、とくに世継ぎともなれば、取り巻きはもちろん、多く、その中でも取り入る人間がいるかもしれません。

甘い言葉をかけられやすい子供たちだからこそ、父としては厳しく接するべき。

そんな思いが込められているかもしれません。

 

私自身は子供に対して褒めが8割、躾のために叱るのが2割くらいになっています。

理想は褒めが9割、叱るのが1割くらいが理想だと思っています。

普段は褒めて、叱るときは烈火の如く叱る。

 

子供を伸ばすことを主に考えて、たまーにおかしいところを剪定する。

それが理想ですね。

 

褒めて!高校生でもこんなに褒めてほしい!

 

関連記事

我が子をどういう人間に育てたいのか

私も全国を旅して、父兄の方々と話をしたものの一人ですが、その際、よくお母さん方にお尋ねしたものです。

記事を読む

子供には小さいときから礼儀を教えよう

礼儀は世の中に常にあり、人として生きる作法です。 礼儀がないのは人間の作法ではありません。動物

記事を読む

八 財の保全と蓄積

すべて最大活用 前章においては「健康管理」の問題をとりあげ、われわれ人間は、この世において与えられ

記事を読む

父親人間学

家庭の危機 戦後20年たったころから「親子の断絶」というコトバが叫ばれ、人間疎外とか父親不在とかい

記事を読む

「子供は厳しく育てるのがよい」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)4

<和俗童子訓の現代語版 4> 子供を育てるには、「義方(ギカタ)」の教えをして、姑息な愛情を示

記事を読む

父親を軽んじては我が子の「人間教育」はできない!!

我が子の家庭教育について、それでは父親はいったいどのような役割を果たすものなのでしょうか? 男

記事を読む

子供の先生を選ぶ基準は才能?それとも人柄?

子供に学問を教える時は、初めから人柄の良い先生を探しましょう。 才能や知識があっても、善徳を持

記事を読む

腰骨を立てる

まず腰骨のことからお話ししましょう。 私という人間は、幼いときから身体は弱いばかりでなく、頭も

記事を読む

テレビ対策を根本的に確立すべし

テレビ問題 現在わたくしが、家庭教育について最も憂慮に堪えないのは、実はこのテレビ問題なのであ

記事を読む

明日の日本を

五事を正す いよいよ最終章になりました。 一貫して申し上げてきたことは、森信三先生の教えに沿

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

十一 子供の教育

夫婦間の危機 前章では、一応「夫婦のあり方」について申しましたが、大

十 夫婦のあり方

夫婦のきまり 私も今までずいぶんと結婚式の披露宴のお招きを受け、祝辞

九 家づくりの年代

持ち家への夢を 先に申したとおり、われわれは人生を大観した上で、大体

八 財の保全と蓄積

すべて最大活用 前章においては「健康管理」の問題をとりあげ、われわれ

七 健康管理と立腰

健康とは 今日のような時代わたしたちは天災・人災のいかんをとわず、い

→もっと見る

PAGE TOP ↑