*

「早期教育でなければ意味が無い」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓(貝原益軒)8

公開日: : 子育て, 教育, 本・書籍, 江戸時代, 道徳

子供を教育するには、早いほうがいいです。

それなのに、あまり教育を知らない人は、子供を早くから教育すると、気持ちがくじけてしまっていけないので、子供の気の向くままにしたほうがよい、大人になればひとりでによくなる、と言います。

これは、教育に疎い人が必ず言うことです。

この言葉は大きな妨げとなります。

 

昔の人は子供が初めて食事をし、言葉を発する時から、早いうちに教育をしていました。

教育を遅くすると、良くないことに目と耳が慣れてしまい、先にそれらが心の大部分を占領してしいまうので、後で良い事を教えても変わりません。

だから早く教えれば入りやすいのです。

いつも良いもの、良いことを見聞きさせて、良い事に接する習慣をつくるほうがいいです。

そうすれば自然と善になりやすくなります。

悪いことも少ししかなければ、早く注意すれば消えます。

悪いことが大きくなってしまうと、消えません。

昔の言葉の「双葉のうちに摘み取らなければ、斧を使わなければいけなくなる」というのと同じです。

 

発芽

若葉の時から〜

 

女性あるいは、学のない世間の人は、子供を愛する方法を知らず、姑息な愛情だけを示しがちです。

つまり、おいしい物をたくさん食べさせ、良い服を着せて、子供がほしいままに育てることを、子供を愛する方法だと思っています。

これが子供を損なうことを知らないのです。

今の世の中でも、父が礼儀を好んで、子供の小さい時から躾をして、礼儀を習わせると、その子は必ず作法がよく、立ち振る舞いや人との交わりに失敗がなく、老いるまで堂々としています。

これは父が早くから教育を施したことによる力です。

善いことを早く教え、行わせれば、成果はこのようになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<感想・考察>

テレビを見ながらご飯を食べていましたが、息子がテレビに夢中になってしまうので、食事中はテレビを見ないようにしました。

息子は「テレビは?」と言ってくるですが、「ご飯食べ終わるまではテレビなしだよー」というと素直にご飯に集中します。

まだ2歳なのでテレビに対するこだわりも無いので、このままご飯のときはテレビを見ないようにしようと思います。

食事を集中する、ということを習慣化したいですね。

最近思うのは、スマホもそうです。

特に嫁は電車に乗っていると、息子がうるさい時にスマートフォンを見せて、おとなしくさせます。

鬼から電話、というアプリが開発されていて人気が出ているくらいですから世の中の親はみんな活用しているんでしょうね、スマホ。

ですが、スマホは流れて行くがゆえに、子供が考える時間を奪ってしまうこと。これは子供に限らず、大人も同じですが、、、

完全に主観になってしまいますが、現代の生活を取り囲んでいる中毒になるようなことは極力接触させずなるべく、頭や体にとって良い事をさせていこうと思います。

関連記事

子供の前では絶対に「夫婦喧嘩」はするな!!

昨今の青少年の非行化は今なお大きな社会問題の一つです。 その根本原因をつきつめると、一言でいえ

記事を読む

子供を褒めてはいけない?

人の徳の中でも悪いのは、高慢なことです。 高慢だと自分はいつも正しいと思い込み、悪いところに気

記事を読む

立腰(腰骨を立てる)は性根を入れる極秘伝

前にも申した通り、私は人間として大事なことの 第一として「いったん決心したら、たとえ石にかじり

記事を読む

朱に交われば赤くなる 子供は白いキャンパスのような物

子供の教育には、交流する友達を選ぶことを大事にしましょう。 子供が生まれついて善で、父の教えが

記事を読む

叡智と実践力

戒・定・慧 前章でお伝えしたように、われわれ人間は宇宙生命の根源力によって、この地上にその「生」を

記事を読む

母親は家庭の太陽である

偉大な大業の責任者 いよいよ私の後述も、最終の章を迎えることになりました。 思えば第一章より

記事を読む

一生の見通しと設計

洞察と先見 前章においてわたくしは知慧のはたらきについて説明しましたが、これらの種々層を支える最も

記事を読む

「教育は早いうちから」 江戸時代の子育て本 和俗童子訓に学ぶ 1

「和俗童子訓」は江戸時代の学者、貝原益軒が1710年に著述した書物で、日本で最初にまとまった教育論書

記事を読む

わが子を勉強好きにする秘訣

家庭学習の一番の土台は、小学1年生と2年生では、国語の本を毎日必ず朗々と声に出して読むことです。

記事を読む

子供や若者は車内では必ず立つように躾よ

一大実践目標 今から三年ほど以前に、私どもの同志の中で、とりわけ異彩を放つ山本紹之介君は、毎月

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

十一 子供の教育

夫婦間の危機 前章では、一応「夫婦のあり方」について申しましたが、大

十 夫婦のあり方

夫婦のきまり 私も今までずいぶんと結婚式の披露宴のお招きを受け、祝辞

九 家づくりの年代

持ち家への夢を 先に申したとおり、われわれは人生を大観した上で、大体

八 財の保全と蓄積

すべて最大活用 前章においては「健康管理」の問題をとりあげ、われわれ

七 健康管理と立腰

健康とは 今日のような時代わたしたちは天災・人災のいかんをとわず、い

→もっと見る

PAGE TOP ↑