*

子供の好きなこと、親がしっかり選んでる?

公開日: : 子育て, 教育, 本・書籍, 江戸時代, 道徳

幼い時から大人になるまで、父となって育てる者は子供が好きになることに気をつけて選び、子供の好みに任せてはいけません。

 

子供の好きにして、良し悪しを選ばないと、たいていの場合、あまり良くないほうに向かってしまい、後々、癖になります。

 

一度、良くないほうにむかってしまうと、良いほうに戻らず、禁じても改まず、一生やめられないでしょう。

だから、まだ子供が何かに染まる前に、早く禁じたほうがよいです。

 

油断して、その子の好みに任せてはいけません。

 

特に豊かな家庭で育つと物も溢れていて自由なので、子供が好きな方に向かいやすく、溺れやすくなります。

 

だから子供を育てるには、油断して子供の好みに任せてはいけません。

 

早く禁じましょう。

 

これをおろそかにしてはいけません。

 

用意しておくことが大事なのはこれが理由です。

 

(和俗童子訓より)

 

 

スナバ
これが、、、砂場?

ーーーーーーーーーーーーーーー

【感想・考察】

悪い好みと、良い好み。

悪い良いは主観なのでいちがいには決められませんが、子供をどう育てたいか、によって左右されるのでしょうか。

例えばうちの子供には、礼儀がしっかりと出来る人間にしたいと思っています。

今のところ、礼儀を欠くような遊びはしていないですが、ちょっと気になる発言をします。

よくオナラをするのですが、「おならプーした」と楽しそうに言うんです。

本人は遊びではないかもしれませんが、周りの人が面白がる(苦笑?)ので、結構な回数、言います。

一日に10回以上は言ってるんじゃないでしょうか。

周りが面白がるので、本人も楽しくなって言っちゃうんだと思います。

もしかしたら大人になっても、面白がってオナラをすることになるかもしれない。あんまり考えられないですが、、、

そこで真剣な面持ちで、「失礼いたしました」と言わせるように言い聞かせています。

関連記事

明日の日本を

五事を正す いよいよ最終章になりました。 一貫して申し上げてきたことは、森信三先生の教えに沿

記事を読む

六 読書と求道

人生を生きる原動力 さて、読書という営みは、このわれわれの人生において、一体如何なる位置と比重を占

記事を読む

女子の教育は「家事」を手伝わせるのが秘訣

前に、「わが子に、人間としての性根を養うには、結局腰骨を立てさせるほかない」と力説しました。

記事を読む

一事を通してその最大活用法を会得させよ

流行のいかんにかかわらず「物を大切にしてエネルギーを生かす」ということは、万古不易の宇宙的真理です。

記事を読む

子どもは見てる 知ってる 感じてる

こころの察し ひとかどの教育者のような口調で述べてまいりましたが、実際のところ、学校教育の現場に立

記事を読む

呼び水の理

しつけの方法 前章で「しつけ」は、押しつけの強制ではなく、人間として生きる生き方の基本の養成である

記事を読む

真の愛情は、母親の「人間革命」によって

真の愛情とは 今まで、子どもの「人間教育」について、親としてぜひとも心がけていただきたいと思う

記事を読む

日常生活のヒント

根本にあるもの 足しげく、森信三先生のお宅へ通っていたある日のこと、悩みを持つ一人のお母さんが森先

記事を読む

子供や若者は車内では必ず立つように躾よ

一大実践目標 今から三年ほど以前に、私どもの同志の中で、とりわけ異彩を放つ山本紹之介君は、毎月

記事を読む

わが子を勉強好きにする秘訣

家庭学習の一番の土台は、小学1年生と2年生では、国語の本を毎日必ず朗々と声に出して読むことです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

十一 子供の教育

夫婦間の危機 前章では、一応「夫婦のあり方」について申しましたが、大

十 夫婦のあり方

夫婦のきまり 私も今までずいぶんと結婚式の披露宴のお招きを受け、祝辞

九 家づくりの年代

持ち家への夢を 先に申したとおり、われわれは人生を大観した上で、大体

八 財の保全と蓄積

すべて最大活用 前章においては「健康管理」の問題をとりあげ、われわれ

七 健康管理と立腰

健康とは 今日のような時代わたしたちは天災・人災のいかんをとわず、い

→もっと見る

PAGE TOP ↑